ホームセキュリティ

防犯カメラ&ホームセキュリティの社

TOPページ  >  防犯カメラの設置について

防犯カメラの設置について

防犯カメラは、その証拠を押さえることと、予防に役に立つ機能があります。それらの機能も重要ですがそれ以上に重要なのは、防犯カメラの設置状況です。優れた防犯カメラを買ったとしても使用する状況に合わなければせっかくのその高い機能も活かせません。最近は、セキュリティー商品を販売している店舗も増えているので、カメラとしての知識とともに設置の知識も学んで正しく購入しましょう。

設置したい状況の把握

まずは、自分がどこに防犯カメラを設置したいのか、どの時間を監視したいのかを確認してみましょう。そしてこれから挙げる例を参考にして、防犯カメラの設置場所の状況を考えてみましょう。

場所

防犯カメラの設置場所は、やはりホームセキュリティ上、気になる場所になると思います。といったことならば、その場所に合わせた防犯カメラを購入すべきだと考えます。下に挙げる点はほんの一部ですが参考にしてみてください。

玄関

玄関は家の入り口であります。その玄関をピッキング等を使って侵入してくる泥棒も多いです。そのため、ホームセキュリティのために、ここに防犯カメラを置くのは有効でしょう。ただし玄関先につける場合は玄関によっては激しい雨などで濡れる可能性もありますので防滴性の機能があるカメラがよいでしょう。また、借家で家に傷をつけられない等の設置に関して制約がある方には建物に傷をつけないタ イプの「入り口設置用防犯カメラ」が良いでしょう。ホームセキュリティの基本は玄関を守ることでもあると私は考えます。

駐車場

駐車場はほとんどが外にあるために、普段あまり目の届かない場所のひとつです。車上荒らしや愉快犯のいたずらなどから愛車を守る為に駐車場への防犯カメラを設置することはとても有効でしょう。 駐車場も外にある場合、防滴性があるものを選んだ方が無難でしょう。また、家から駐車場がよく見えないような状況でも『ずっと監視しているぞ』と不審者を威嚇するような「Cマウントカメラ」のタイプなどオススメです。また、地下駐車場など光の届かない状況ならば「赤外線監視カメラ」の出番です。ホームセキュリティで考えねばならない四角となりやすい駐車場。気をつけて防犯に努めましょう。

ベランダ

ベランダは住居空間から外への出口でもあり、また入口とも考えることができます。玄関に比べて人の目が届きにくい為、家の中で特に泥棒に狙われやすい場所として挙げられます。また、子供部屋のベランダなど子供さんの事故防止のために置くのもいいでしょう。ホームセキュリティは子供たちの安全も守らないといけないはずです。ここにも不審者に対しての警告となる「Cマウントカメラ」や就寝後の防犯の ための「赤外線監視カメラ」がいいと考えられます。

倉庫

泥棒の格好の的となりやすいのが、普段人が住んでいない倉庫や蔵などです。このような無用心な空間をなくすのにも防犯カメラは適しています。倉庫など人の出入りがなく明かり もあまりつけられていないような薄暗い場所には「高感度防犯カメラ」がいいでしょうか。その場合このカメラは照明位置や暗さのレベルなどによって性能も違っ たものを使用しなくてはならないということに注意です。また、まったく光が届かず真っ暗な場合は駐車場同様「赤外線防犯カメラ」の方が好ましいと思われます。

エントランス

マンションのエントランスや廊下、階段などの場所に防犯カメラを設置したいというのはよく聞きます。確かに管理人さんがいないマンションのエントランス、 死角になった廊下、階段などを不審者が通らないか監視するというのはとてもホームセキュリティとしても有効な使い方です。しかしマンション、アパートの場合、自分が住んでいる部屋という住居以外は全てみんなの共有場所となります。ですので防犯のためだとはいえ、自分の勝手に監視カメラを設置はできないことになっているはずです。まずマンション、ア パートの管理組合と相談して、設置許可を貰ってからにしましょう。

銀行や病院

銀行や病院の待合室などデリケー トな場所ではいくら監視する必要があるといっても露骨に防犯カメラを置いていては取引先の人や患者さんはいい気分にはならないはずです。そのような場合にはソフトな監視に向いている「ドーム型監視カメラ」がおすすめです。このカメラは半球型で天井などに設置していてもあまり目立たずその建物の外観を壊さないようデザインされてい ます。人の目につきやすいところにはこれを設置しておくとよいかもしれません。

おすすめWEBサイト 5選
テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/
野菜 通販
http://www.xn--nckg3oobb0648jv4mmpgc8d.net/

Last update:2014/11/12

管理人おすすめ防犯カメラ

防犯カメラにも、様々な種類があります。防犯カメラのちょっと面白そうなもの。防犯カメラとしては機能していないダミータイプ・・とはいえ、それでも防犯カメラ同様のプレッシャーをかけることのできる防犯カメラなど、ホームセキュリティにも役に立つし、そのホームセキュリティ以外の分野でもかなり役に立つ品々です。

注意!

当サイトはホームセキュリティと防犯カメラなどに関する話題を取り扱っておりますが、
このサイトの情報を利用した際、利用者の方が不利益を被る結果になったとしても、当サイトと管理人は一切の責任を持ちません。
また管理人は、いかなる損害賠償や責任を負うことはできませんので、全て自己責任の上において、当サイトをご利用いただくよう、お願いいたします。

ちょっと変わりダネ

防犯カメラ&ホームセキュリティ

この防犯カメラ、携帯電話のFOMA網を使用して、防犯カメラの映像を携帯電話やパソコンで受けられるというスグレモノ。
遠く離れた場所からでも、携帯電話を通じて状況の確認ができるので、ホームセキュリティ上大きな役割を果たすでしょう。

ホームセキュリティとは?

ホームセキュリティの意味というものは色々ありまるのですが、基本的には「各種センサーを家の防犯ポイントに配置し、そのセンサーが24時間見張っている」といったかたちのものがほとんどでしょう。こうした防犯センサーというのは外敵からの守りだけでなく、火事やガス漏れなどにも対応しているタイプもあり、その防犯サービスは多岐にわたります。また、センサーに反応があった場合の対応というものは各会社、サービスによって違うものですが、このページで言うホームセキュリティは異常時には警備員が駆けつけるもの・・というのを想定しております。